素晴らしい浄血作用で脳梗塞、高血圧に効果大
商 品 案 内
驚異のスッポンパワー
 
すっぽん鍋の
料理の仕方
 
すっぽんの薀蓄
 
ス ポ ヘ ル ス
スッポン粉末
成 分 分 析 表
 
体    験   談
 
糖尿病を克服する
アミノ酸とミネラル
ビタミン・カルシウムが
体調を整える
スッポンの浄血作用が
脳梗塞、高血圧に効く
食べる基礎化粧品
不妊に効いた! 
子どもができた
すっぽんがなぜ、血をきれいにすることができるのか
 血液が汚れている状態のこと東洋医学では、「血毒」があるといいます。
西洋医学的には、赤血球や白血球など血球の数や状態がよくない、免疫抗体、血液凝固因子、ホルモンなどに異常が見られる、酸素と二酸化炭素の比率がよくない、栄養成分の偏りがある、といいます。
 西洋医学では、それぞれの異常に対して処置を施します。例えば、赤血球が不足していれば、赤血球の構成材料の一つである鉄剤を投与して赤血球をつくることを期待します。
 これに対して、東洋医学では、材料を供給することだけでなく、そうした材料をもとにして赤血球をつくるその「働き」を正常にし、活発にする対応をします。
 つまり、食物を摂取するということは、タンバタ質や脂肪、炭水化物、ビタミンといった体に必要な材料(栄養素)を補給するだけでなく、その材料が効率よく体の中に働くように促す作用もあるのです。
 これを「食効」といいます。薬であれば、「薬効」です。
 例えば、緑茶などを飲むと、おっしっこが良くでます。水分の補給が以上に、お茶には利尿作周があるからです。こうしたものは、いわゆる薬草などにはっきりと見られます。
そうした働きを研究したものが漢方薬です。
漢方薬以外にも、様々な健康食品もまた、「食効」があります。
 そうした食効の中で、特に健康な血液をつくる天然ものを「血剤」というのですが、すっぽんはこの血剤のもっとも代表的、かつもっとも効果の高いものなのです。

すっぽんは浄血機能である肝臓、腎臓、心臓を強化する
「血剤」には薬草が用いられることが多いのですが、効果のスピードという点では、植物よりもむしろ動物のほうが優れているようです。その代表格がすっぽんで、すっぽんは速いスピードでしかも豊かな浄血作用を発揮します。
 それゆえ、昔から、すっぽんが重宝されてきたのです。
 すっぽんがなぜ、それはど浄血効果が高いかというと、血液をきれいにするために必要な作用を非常に多く持っているからです。
 
まず、心臓、肝臓、腎職の働きを強めます。
 
心臓はご存じのように、血液を全身にくまなく送り込むポンプの役割をしています。その働きが低下すると、血液の循環は悪くなり、新棟代謝が低下します。
他の器官が健全に働いていても、心臓の機能が悪いとその器官の活躍を助けることができません。

肝臓は、解毒作用を持っています。アルコールから生じた毒素を活発に解毒します。解毒作用の負担をかけすぎると肝臓を悪くし、最悪の場合は肝硬変などの病気になります。
 すっぽんは、肝臓の働きを活発にしてくれますので、解毒作用がどんどん進み、結果として血液が非常にきれいになっていきます。

腎臓は、血液の老廃物を濾過し、尿として体外に排出してくれますから、すっぽんによって腎臓が活発に働くようになるということは、すなわち、きれいな血液をつくることになるのです。
 
このように、血液をきれいにするために欠かせない器官である心臓、肝臓、腎臓の働きを活発にすることから、すっぽんは「血剤」の代表格とされるのです。
 さらにまたすっぽんは、血管の硬化を予防します。血管の硬化は高血圧、心臓病、脳梗塞など、成人病の大きな原因となりますから、血管硬化を予防することは、成人病の予防にもっとも大事なことなのです。

汗をコントロールして肉体疲労を解消する
すっぽんには水分のバランスを整える、過剰な汗かき、逆に汗が出ない状態を改善します。汗は体の毒素を外に排出しますので、肉体疲労とは非常に密接な関係にあります。すっぽんの水分バランス調整能力は、肉体疲労にとっても大事なことです。

スッポンの「血剤」の素は、これだ
豊富なビタミン・アミノ酸・ミネラル・ヘキサデセン酸・エイコサペンタエン酸
すっぽん脂肪酸の持つ大量のビタミンAビタミンEは、末梢毛管を生き返らせますので、血行の働きそのものを促進する働きがあります。
入洛やマッサージも、すっぽんを併用することによって非常に高い効果が期待できます。

すっぽんに含まれるアミノ酸の中のグリシンは血栓融解をしてくれ、すっぽん脂肪酸、不飽和脂肪酸のヘキサデセン酸やエイコサペンタエン酸が悪玉コレステロールを除去する働きを持っています。
悪玉コレステロールを排除することで、血液の正常な流れを阻害しているものを溶かし、血液をサラサラの状態にし、脳梗塞などの脳血管障害や動脈硬化や心臓病に大きな力になるというのです。
  上へ